my dream*my days

うちごはん、ハンドメイド、買ったものなど、毎日の暮らしを綴っています。渡航準備のため、ちょっと変わった生活してます(笑)

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏風邪と夏日と私。

2010.06.10 (Thu)

この前更新したのが6日なんですね。
もう今日は10日。。。なんてこったい。

この3日間、私が何をしていたのかと言うと。

発熱のため、寝てました。。。
と言うより、寝かせられてました。。。

しなきゃいけない準備はイヤというほどあるのに、
寝てる場合じゃないの~~!!という言い分は即却下。
今までは発熱した場合の敵(笑)はうちの旦那だけだったのに、
今は旦那の両親という新たな敵も現れたので

「申し訳ないと思うなら、先に治しちゃってよ」
「咳止まらなかったら大変だよ」
「い~~~から寝てなさい!治さないとニュージーランド行けなくなるよ!」

と、3人からいろんなセリフを浴びせられ。
(ありがたいんですけどね。笑)

『風邪ひいてたって入国出来るもん。。。』
『咳なんてのどあめなめてれば平気だもん。。。』
『洗いものくらいしたって熱上がんないもん。。。』

なんて1人で心の中でひねくれてみても、
私の思いに反して熱は上がるばかり。
そしてついにここ何年かの最高値「38.5」に。

何度か書いていますが、私は平熱が35度台で低め。
なんとか低体温を脱出したいと思ってはいるものの、
頑張っても36度いくかどうかくらいだったんですが。

低体温脱出=38度は困る。

出発は来週水曜日。
それまでに出かけてしなくてはいけない事柄をいろいろ考えると
もうぐずぐずしている場合ではない。

ってわけで、以前にも書いたように病院大嫌いな私が
ついに昨日病院へ行くことに。
ところが、旦那の親戚の病院は水曜日の午後は休診だそうで、
前に私たちが住んでいたところの近くにあった内科も同じく午後休診。

これは行くなってことでは。。。なんて思ってはみたものの、
さすがに38度あると頭も痛いし、意識も朦朧としてきて
「せっかく行く気になったんだから、どこでもいい~!
開いている病院だったらオッケー!!」と旦那に言い、
なんとか見つけた内科。

前の家の近所だけど、行ったことはなく、
しかも中に入ってちらっと見えたお医者さんがかなりのご高齢。
ちょっとイヤ~な予感がしたものの、
「いや、彼は超ベテランなのだ」と自分に言い聞かせ。
。。。ところが。

診察が始まっても私のイヤ~な予感は的中。
私は熱があって、のども鼻も調子が悪くて、頭も痛い、
とにかく一刻を争うのだ、ということを訴えているのに
なんだかものすごくのんびりしていらっしゃる。

私が受付で書いた問診票を見ながら、
そこに書かれているはずの身長・体重・今の体温を
いちいち「身長・体重を教えてください」
「体温はどれくらい?」とお聞きになるではないですか。

私はもう、息も絶え絶えな状態で病院に行っているわけです。
40度の熱が出ても病院を拒否したことすらある私が、
病院に行くと決心するくらい辛い状態なわけです。
無駄な発言をさせるのは勘弁して頂きたい。

でもお医者さん相手に怒ることもできず、
その問診票を指差して「あの。。。そこに書いたと思うんですが。。。」と言うと
「あ、ホント?あ、あぁ。。。」とおっしゃる。

その問診票、いつも使ってるんじゃないんかい!!

その後、理由もよくわからないまま、レントゲンを撮られ、
それを見ながら「あぁ、肺はキレイだねぇ。心臓も大丈夫」と解説。
そこまではまだいいけれど、
「ここが骨だね。うん、骨もちゃんとしてる」

今、骨のことはいいのです。
もっとこう、風邪に直接関わる部分を見て頂きたい。

でも、ここまではまだ、おじいちゃん先生伝説の序章に過ぎず。

私は発熱について、
「2、3日夜に熱が出て、朝はちょっと下がっていたんですが、
今日は1日中高熱が出ていたんです」と言っているのに、

「あれ、熱は昼間は下がってるんだよね?」とおっしゃる。

「いや、あの。。。今日は1日中高熱が。。。」と答える私。

そこからまたのどを見たりしたあとで

「で、熱は夜出て、朝下がってる、と?」

「いえ、今日は1日中熱が下がらなくって。。。」

その後、また他の診察があって、処方箋を書いてくれるというときに

「熱は夜だけ出るんだよね?」

「あ、だから今日は1日中ずっと高熱で。。。」

そして最後に先生は「でも今は38度もありそうじゃないよね?」と言った。

私が、あなたにウソの体温を言う必要があるかいな。

さすがに、人から「口調は温厚だけど、実は毒舌」と評価される私でも、
口調からして毒舌になってしまいました。

いい加減にしろよ、ジジイ!
何度も同じやりとりさせて、志村けんのコントかよ!!

(↑あら、お下品でイヤね。笑)

その後、最後には採血までされ、
もうヘロッヘロになった私がようやくそのお医者さんから解放されました。

注射も点滴も、その場で効果がありそうな治療は一切なく、
挙句の果てに血までとられ。。。私、一体どうなっちゃってるんだろう。。。

と思いながら受付で会計を済ませ。
採血したのに、次はいつ来てください、とも言われず、
かと言って、自分自身も来る気になれず(笑)
そのまま処方箋をもらってさようなら。

今となっては笑い話なのでいいですが、
これだから私は病院があまり好きではないのです。
人から聞く話で、いい病院がいっぱいあることは知っています。
でも私自身は病院に行って、よかったことがほとんどないのです。
それなら自分の自然治癒力の方がよっぽどアテになる(笑)
まぁ、私の病院運がないんでしょうけどね。

その後の話。

昨日処方してもらった薬たちは、
もう7年以上風邪で病院なんて行ってない私には未知の世界のものばかり。
1回飲めば5日は効くという薬や、体に貼るだけでのどが楽になる薬などなど。
何だ、この最先端医療は。。。(笑)
そして渡される薬の多さにもビックリ。
薬を見ているだけでも、病人気分満喫。

そしてその1回飲めば5日は効くという薬。
副作用で「下痢・吐き気・腹痛」が起こります、って書いてあったのですが、
見事に全部来た。
飲んだ30分後なんて、意識が飛ぶくらいの腹痛と吐き気、
座ったまま、冷や汗をかき、

「これなら38度の熱と闘った方が楽だったのでは」という思いも出てきて。

そこから1時間くらいしてだいぶ楽になって、今朝は微熱まで下がり、
ちょっと片付けをしていたら気温が高いせいか、汗をたっぷりかき
今は35.7度まで下がりました。
昨日から3度近く下がってるし。。。

普段、市販の薬すらほとんど飲まない私なので、
かなり薬が効くんですねぇ。
あの、おじいちゃん先生のおかげなのかどうかはわからないけれど、
まぁ出発までには何とかなりそうなのでよかったです。

でも私、
これからはますます自分の自然治癒力を高めるように頑張ります!
やっぱり病院は好きではない~(笑)



おまけ。

今週くらいからかなりあったかい札幌。
私は発熱のため、その暖かさを感じていなかったのですが、
今日熱が下がったら一気に暑さにやられ始め。。。

ふと見ると

6月10日の気温_convert_20100610105659
ぎえ~、室温が29度。

6月10日2_convert_20100610105642
さっきまで2階に遊びに来ていたこの子もちょっとぐったり。
(周りがダンボールだらけ~。笑)

6月10日_convert_20100610105618
ハムはこんな体勢で眠る。

いよいよ、夏なんですね~
スポンサーサイト

 | HOME | 

my profile

みか

Author:みか
札幌在住、旦那+私+ゴールデンハムスター1匹で暮らしています。結婚して2年が経ち、主婦3年目になりました。専業主婦と兼業主婦の中間のような生活です(笑)毎日のごはんやお弁当、パン、たまにお菓子、ミシンで小物作りなど、何でも作るのが好きです。食器やルクルーゼ、キッチン雑貨、マスキングテープ、文房具なんかをこまごま集めるのも大好き。夫婦で海外移住という大きな夢を持ちながら、ちょっと可愛くて毎日普通に楽しい、そんな生活を目指しています。
COOKPADのマイキッチン
→http://cookpad.com/kitchen/369905

※掲載されている文章・画像・レシピ等の無断使用および転載はご遠慮ください。

☆ランキング☆

ランキングに参加しています。 1日1クリックの応援お願いします♪ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

Thanks for visiting♪

現在の閲覧者数:

my photos

☆レシピブログ☆

time

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。